11/5 注目トレーナーを更新しました
ダイエット

痩せたい人ほどオイルが必要?

adviserりえ
adviserりえ
マッスルジムのみなさん、こんにちは!今回はダイエットのためのオイルのお話です
muscleまさこ
muscleまさこ
ダイエットにオイル?オイルって太りそうだから避けてますけど・・・
adviserりえ
adviserりえ
まずは人間の体にとってのオイルの重要性をお話しします

人間の体は、約60兆個もの細胞で作られていて、それらの細胞が死んで新しい細胞に生まれ変わっていることを「Muscle酵素PLUSのご紹介 – 代謝との関わりー」で説明しました。

その細胞のもととなっているのがオイルです。

一つ一つの細胞を覆っている「細胞膜」は、リン脂質と呼ばれる複合脂質成分(オイル)で作れられていて、膜の質を良くするためにも大事になってきます。
また、リン脂質の間を埋めているのがコレステロール。生命を維持するためにオイルは不可欠なのです。

心臓はオイルがないと動かないですし、脳の半分以上はオイル。
また女性ホルモンや男性ホルモンもオイルから出来ています。
お肌にも大事で、体の中の保湿力もオイルの働きです。
さらには良いお通じにもオイルが大事なので、腸にとっても必要です。

muscleまさこ
muscleまさこ
必要以上にオイルを避けていたら、肌がカサカサになった友達がいました。オイルがこんなに大事だったとは・・

体にある60兆個の細胞の材料が、みなさんご存知の「三大栄養素」である、「糖質」「脂質」「タンパク質」

1日の総エネルギーのうち、
タンパク質:13〜20%
脂質:20〜30%
糖質:50〜65%

の割合で摂取することが健康を維持し、肥満を予防するという観点からも重要とされています。
ダイエット的な観点から言うと、効率良く痩せるためには、代謝すなわち、摂ったエネルギーや栄養素が体内で利用されたり消費される体でなくてはいけません。

そのためには糖質、脂質、タンパク質をバランスよく摂取することが必要です。
当然「脂質」も重要なわけですが、だからと言って脂っこい料理を食べていたら太ります。

ここで大切なのが、質と量です。

油を大まかに分類すると 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。
さらに不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸にわけられます。

この「多価不飽和脂肪酸」は体内で作ることができない「必須脂肪酸」です。
食べ物からしか摂取することができません。

このオイルがぜひ取っていただきたいオイルになります。

「多価不飽和脂肪酸」には、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸がありますが、 特におすすめなのがオメガ3脂肪酸です。

オメガ3脂肪酸は体重、悪玉コレステロール (LDL)、糖尿病リスク、食欲、脂肪蓄積の減少と低減を助長し、善玉コレステロール (HDL) を増加させる効果も期待できます。
またダイエット的にはインスリン感受性を強化するため、脂肪蓄積を抑制し、筋肉内での脂肪燃焼を促進します。

muscleまさこ
muscleまさこ
オメガ3脂肪酸は何を食べれば摂取できますか?
adviserりえ
adviserりえ
主にサバやサンマ、イワシなどの青魚に多く含まれます
muscleまさこ
muscleまさこ
でも青魚を頻繁に食べるのは難しいです・・・
adviserりえ
adviserりえ
それならおすすめなのが「えごまオイル」です

最近は健康思考から、スーパーなどでも「えごまオイル」を見かけるようになりました。
ただ、このオイルは酸化しやすいので注意が必要です。
できれば毎回使う分だけ小包装になっているタイプがおすすめ。

私が愛用しているのが、「毎日えごまオイル」です。

オメガ3脂肪酸には、α-リノレン酸とDHA・EPAなどがありますが、「毎日えごまオイル」は一袋で1日に必要なα-リノレン酸を摂取することができます。
なんと一袋にアジ約6匹分が含まれています。

そして味も香りもクセがまったくないので、サラダにかけたり、スープや味噌汁に入れたり、またおにぎりに混ぜてオイルおにぎりにしたり・・・。

サプリと違って普段の食事で簡単に取り入れることができます。
ただ、高温で長時間加熱する料理に使用するとその栄養素が失われてしまうので、揚げ物や炒め物に使用するのは避けてくださいね。

このように小包装になっていますので、持ち歩いて外食時の料理にかけて食べるのも簡単です。

Amazonや直販サイトで購入できますので、「毎日えごまオイル」で検索してみてください。

adviserりえ
adviserりえ
ぜひ健康・美容・ダイエットにオメガ3脂肪酸の摂取を習慣にして下さいね!